カフェインが苦手な方でも安心して飲める風邪薬を紹介!

2018年4月18日Life, おすすめ商品, ライフハック

こんにちは。
自分の体質にカフェインが合っていないことに気が付いてからカフェインレス生活を続けているsasaki(@sasaki_holiday)です。

私はカフェインが大の苦手です。

その辺のことはコチラの記事で詳しく書いているので、カフェインを摂取して体の不調を感じている方は是非読んでみてください!!

そんな私は普段何気なく摂取する風邪薬にも最新の注意を払っています。

というのも市販の風邪薬には結構な割合で、「無水カフェイン」「水和カフェイン」が含まれています。

これが中々に厄介で具合を良くしようと思って飲んだ風邪薬によって余計に具合が悪くなるなんてこともしばしば。。。

さらに、妊婦さんなどカフェインを摂取したくない方などは気を付ける必要があります。

今回は、カフェインにめっぽう弱い私が風邪をひいたときに服用しており、絶大な信頼を置いている葛根湯の圧倒的な効果や手軽さに加えて、カフェインレスな風邪薬をご紹介いたします!!

風邪薬にはカフェインが含まれている場合が多い

ホント、余計に具合が悪くなるので勘弁してほしいです。。。

そもそも、なぜ市販の風邪薬にカフェインが含まれているのかというと、風邪の症状を抑えるための成分に含まれる眠気を強める成分を弱めるためだったり、頭痛や関節痛の痛みを和らげるためにカフェインが用いられる場合が多いようです。

確かに、頭痛薬等の鎮痛剤の成分を見てみると無水カフェインの表記があることが結構あります。

では、このカフェインが人体に与える影響はどの程度あるのか気になりますよね。

頭痛などの鎮痛薬としておなじみの「バファリンプレミアム」1錠あたりのカフェイン含有量は40mgとなっています。

40mgってメッチャ多いですよ!!

紅茶カップ一杯のカフェイン含有量が約30mg程度でコーヒーだと約60mg程度らしいです。

ハッキリ言って、私のようにカフェイン耐性が弱い人間にとってはかなりの量です!!

実際に、まだ私自身がカフェインに弱いことを自覚していないときにこれらの鎮痛薬や風邪薬を服用したときの具体的な症状としては、

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 動悸
  • 貧血のような低血圧時の症状っぽいもの
  • etc…

正直、薬飲まない方が楽じゃねって感じです(笑)

なんとなく私自身も薬が体に合わないことは自覚していたので、ついつい風邪をひいても症状が悪化するまでなるべく薬を飲まないようになってしましました。

そんな時、ふと手にしたある薬がその後の人生をガラッと変えてくれました!!

葛根湯最強説

風邪のひき初めには「葛根湯」ですよ!!

正直、最初は舐めていました(笑)

なんとなく漢方って根拠のない薬のように感じていて気休め程度なのかと勝手な偏見を持っていました。

しかしそんなことを言っても、市販の風邪薬を飲めばさらに具合が悪くなる一方。。。

藁をもすがる思いでどこの薬局にも必ず定番で販売されている葛根湯を半信半疑で服用してみました。

即効性ハンパない!!

たいてい、風邪をひくと長引きがちな私でしたが、ちょっと怪しいなぁと思った夜に葛根湯を飲んで眠ると翌朝には何事もなかったようにスッキリしているではありませんか!!

しかも、今まで悩まされていたカフェインの副作用も全くない!!

当然ですよね!!
だってカフェインが入っていないんですもの!!

これまで幾度となく私に葛根湯を進めてくれたおばあちゃんを無視して余計に具合が悪くなる風邪薬を服用していた自分を恨みました(笑)

私のようにカフェイン耐性がない方や妊婦さんなどは葛根湯の服用を強くお勧めします。

【第2類医薬品】葛根湯エキス顆粒Sクラシエ 12包
クラシエ薬品

カフェインレスな風邪薬

とはいっても、葛根湯が効かない体質や場合もあると思います。

朗報です!!

最近では、カフェインレスの市販風邪薬も増えてきた印象です!!
実際に最近ではカフェインの摂取を制限している方も多くなり、風邪薬のカフェインの含有量を気にする消費者も増えたのではないでしょうか?

実際に私がオススメするカフェインレスの風邪薬をいくつかご紹介いたします。

パブロンSゴールドW

パブロンシリーズは割とカフェインレスの製品が多い印象です。

実際に効き目もかなり信頼できます。
私は風邪を引きそうな雰囲気を感じたらまずは葛根湯を飲んで、諸症状が実際に出てきたら基本はパブロンという感じで飲み分けています。

ルルアタックEX

こちらも意外にノンカフェインの風邪薬です。

私は数回飲んだことがありますが、のどの痛みや咳にはかなり効き目がある印象です。

なので、風邪の治りかけや長引く咳などには有効だと感じていて、つい先日も咳と痰がひどかったのでルルアタックを飲んだら一発で治りました!!(当然、カフェインの副作用はありません)

コルゲンコーワ鼻炎フィルム

こちらは風邪薬というよりかは鼻炎薬になりますが、上記2点の薬比べてくしゃみや鼻に効くので鼻炎の症状に特化して使いたいときに利用しています。

しかも、この薬のメリットはシート型の薬で水なしで服用のタイミング問わずに服用できるので、外出中などにサッと服用できるのが魅力です。

実際に、急に鼻がムズムズしたときなどパっと飲めて即効性があるので常にかばんの中に入れている必須アイテムです!!

まとめ

今回は、カフェインレス生活中にも安心して服用できる風邪薬をご紹介いたしました。

市販の風邪薬を飲むと余計に具合が悪くなって辛い思いをしている方はもしかしたらカフェインによる副作用の可能性もあるかと思います。

私のようにカフェイン耐性が弱い方や妊婦の方などは飲み物などには気を付けていても、風邪薬に含まれる無水カフェインは結構見落としがちな部分だったりします。

ぜひ、今回ご紹介したように風邪薬に含まれるカフェインにも注目して辛い風邪の症状を抑えてみてはいかがでしょうか?

ちなみに、今回紹介した市販の風邪薬はコチラの記事でも紹介した「セルフメディケーション税制」が適用されるケースがありますので、ぜひ適切な薬選びで税金対策もしちゃいましょう!!

また、コチラの記事ではカフェインが超苦手な私が普段から愛飲しているおすすめの「コーヒー・お茶・紅茶」を紹介しています。よろしければ参考にしてみてください。

以上、ご精読ありがとうございました。

おすすめ記事

1.月額500円のお得感ハンパない!!→Amazonプライム会員になるしかない10のメリット・特典!

2.マジでおすすめな便利グッズ大紹介→一人暮らしを快適にする便利グッズ30選!

3.Amazonを無料で使い倒せ!→Amazon各種サービス無料体験まとめ【解約方法・お得な使い方】