靴・インソールの正しい洗い方で足の臭い対策はバッチリ!!

2018年4月28日Item, Life, おすすめ商品, ライフハック

こんにちは。
多汗症気味なので最低でも月1では靴を洗うsasaki(@sasaki_holiday)です。

座敷の居酒屋なんかで「足クサッ」ってなることありませんか??

私は、基本的に汗っかきなのでしばらく手入れをしないで同じスニーカーなんか履いているとかなりにおいが気になることがあります。

ちょっと前までは単純に自分の足がくさいのかと思っていました(笑)

ただ、ちょっと考えてみると足自体がくさいなら家にいても靴下がくさかったりしますよね。

けど、靴を履かなければ足はくさくなかったんです。

っていうことは、足じゃなくて「靴」がくさいんだ!!と気が付きました。

これから紹介するように「しっかりと靴を洗ってインソールを交換」したらほとんどにおわなくなりました!!

今回は、悩んでいる方も多いと思われる「足のにおい」を靴の観点から解決しようと思います。

なんでTシャツやパンツは毎日洗うのに靴は洗わないの?

みなさん、一日履いたパンツは洗いますよね?

何バカなことを言っているんだと思われるかもしれません。

当然、私もちゃんと洗濯していますよ!!笑

ただ、いつも履いているスニーカーって最後に洗ったのいつですか??

こう聞かれると、正直靴なんて洗った記憶ないよ。。。

って感じの人も少なくないのではないでしょうか。

実際、私もちょっと前まで靴なんてほとんど洗っていませんでした。。。

だって、普通に会社に通勤したり休日に買い物に行ったくらいで目立った汚れなんかつきませんから。

しかし、昨日履いていた靴下を連続で履くなんて考えられませんよね。

そうなんです、足のにおいの大半は靴をしっかり洗って定期的にインソールを変えてあげれば解決する問題なんです!!

実際に、私も帰宅した後に自分の足のにおいが気になってひとまず足を風呂場で洗うのが習慣になっていました。

しかし、これから紹介する方法で靴を洗って、インソールを変えたら自分の足のにおいが気になることはほとんどなくなりました!!

お手軽簡単!!スニーカーの正しい洗い方

では早速、毎日履いているスニーカーをきれいに洗ってにおいの元を断ちましょう!!

基本的に必要な道具は以下の3点です。

  • 靴用のブラシ(100均でも売っています)
  • 洗濯用洗剤(液体でも粉末でもOK)
  • ちょっと大きめの桶やバケツ(洗面台に水をためてもOK)

はい、たったこれだけです。
まぁ、基本的には100均で全部集まりますね!!

では、早速洗っていきましょう。

まずは桶やバケツにぬるま湯(40度以下)を張りましょう

バケツ

出来れば水よりぬるま湯がオススメです。

というのも、靴の内側はあんまりゴシゴシこすると傷めてしまう可能性もあるので、なるべく汚れが落ちやすいようにぬるま湯がオススメです。

そしてそのぬるま湯に洗剤を溶かして混ぜておきます。

スニーカーの紐とインソールは外しましょう

スニーカー

意外に忘れがちなのが、靴紐とインソールを外しておくことです

これも、靴を傷めないためにめんどくさがらずにしっかりやることをオススメします。

また、今回の目的である「靴の消臭」という意味ではインソールの下にしみこんだ汗などをしっかりと洗い出すことが重要なので、インソールは外します。

準備ができたら、靴・靴紐・インソールをぬるま湯に浸けます

浸ける

はい、さっきばらした靴と紐インソールを洗剤を溶かしたぬるま湯に浸けて汚れを浮き上がらせます。

この時、もうインソールを交換する予定の場合は靴と紐だけでいいです。

汚れの度合いにもよりますが、15~30分も浸けておけば十分です。

すると、水面に汚れが浮いてきます。

しばらく洗っていない靴の場合はここで一回、水を取り替えてしまってもいいと思います。

外側はブラシでゴシゴシ・内側は揉み洗い

ブラシ

次は、ブラシで靴の外側の汚れから落としていきます。

基本はブラシに洗剤を付けてゴシゴシと磨いていきます。

靴の側面のゴムの部分がひどく汚れている場合は、ブラシに加えて、「激落ちくん」などのきめの細かいスポンジなどを使うと、ビックリするくらい綺麗になります!!

靴の外側がきれいになったら、内側です。

内側に関しては、洗剤を溶かしたぬるま湯に浸けた状態で手で揉み洗いすることをオススメします。

というのも、ブラシで内側もゴシゴシやっちゃうとかかとやつま先などの劣化した布がボロボロになっちゃう場合もあります。

なので基本は、布に染み込んだ汗などを押し出すようなイメージで揉み洗いしていきます。

靴紐やインソールも靴の内側と同様に揉み洗いしましょう。

仕上げ

乾燥

綺麗に汚れを落としたら、しっかりとすすいで乾かしましょう。

基本は日陰干しです

あと、すすいだとに洗濯機の脱水にかけたりすると乾くのが速くなります。(靴が傷む可能性もあるので注意しながら)

また、昔ながらの方法で新聞紙を靴の中に詰めて干すのも早く乾かすときは有効です。

できたら、靴が乾いた後に1時間程度でもいいので日光に当てるとより殺菌効果があります!!

実際に靴を洗ってインソールを交換(洗う)してみて

ホント、ビックリしますよ!!

靴を洗う前は仕事から帰ったら確実に足のにおいが気になっていたのが、ホントににおわなくなります!!

これで安心して座敷の席に行けます(笑)

私の体感としては、一度洗ったあとは2週間~3週間くらいは足のにおいは気になりません。

当然、時期や靴を履く頻度時間などに影響されますが、あくまで同じ靴を毎日履いて仕事に行った場合でも2週間くらいは平気な印象です。

なので、最近では週末に天気がいいと洗濯と布団を干すのと靴を洗うのが日課になっています!!

また、インソールも100均でもそれなりに良いのが手に入るので月1くらいで交換するとかなり足のにおいを抑えられます。

ただ、しっかりと洗えばインソールも結構長く持つので履き心地や疲労度を考えると、ちょっといいものを買って丁寧に洗って使うのもアリです!!

実際、私は以下のインソールを愛用しています。

メチャクチャ快適です!!

歩いているときのクッション感や一日出かけていた時の疲労感が全然違います!!

また、通気性や消臭もバッチリなのでホントにオススメです!!

まとめ

今回は、足のにおいで悩んでいた私が靴を洗ってインソールを交換したり、洗ったら足のにおいが気にならなくなったので、オススメのインソールと、正しい靴の洗い方をご紹介いたしました。

実際に、足の臭いって急に靴を脱がなきゃいけない場面などあるとかなり困ります。

しかし、実際は足のにおいの大半は靴のにおいが原因だったりするので、変に高いクリームなんか買う前にまずは靴を洗って、インソールを変えてみることからオススメします!!

まとめ

・足のにおいは靴を洗うと解決する可能性大!!
・定期的に靴も洗って清潔に
・インソールは定期的に変えるとなお良し!!

【コチラの記事もオススメです!!私の実体験に基づいたお悩み解決記事です!!】

ドクターショール 消臭・抗菌 靴スプレー 無香料
Dr.Scholl(ドクターショール)
おすすめ記事

1.月額500円のお得感ハンパない!!→Amazonプライム会員になるしかない10のメリット・特典!

2.マジでおすすめな便利グッズ大紹介→一人暮らしを快適にする便利グッズ30選!

3.Amazonを無料で使い倒せ!→Amazon各種サービス無料体験まとめ【解約方法・お得な使い方】