ハリーポッターを今更だけど全巻読んでみた!ルーピン先生の渋優な感じに癒された

2019年3月21日Book, Life, Movie, コンテンツ, サービス

こんにちは。
シリウスよりルーピン先生派なsasaki(@sasaki_holiday)です。

以前、コチラの記事で紹介しましたが、Kindleの購入をキッカケにKindle Unlimitedという電子書籍の定額サービスを利用して小学生の時に挫折した「ハリーポッター」を読み始めました。

当時の自分はかろうじて「賢者の石」「秘密の部屋」までは読破しましたが、そこで挫折していました。。。

まぁ、小学生にしてみたらあの本の分厚さは広辞苑読んでるのと変わらないですから(笑)

それで今回、大人になってリベンジを果たしたわけです!

結果から言うと、ハリーポッターマジ面白い。

読みだしたら止まらなかったよ。

ていうか、ちょっと前にファンタスティックビースト観てたのもあって「えっ、これってこういうことだったの!!」的な発見もあったりでとにかく一気に読み終えました。

おかげさまで、Kindle Unlimitedの無料お試し期間で全巻読破できたのでお得な気分。

あんまりいないかもだけど、まだハリーポッターシリーズ未体験の人は読んだほうがいいよ。おすすめ。

てなわけで、今回は大人になってハリーポッターにドはまりした私がシリーズ全巻一気読みして感じたことや感想とか思いつくままにあれこれと書いていきます。

普通に大人も楽しめるっていうか後半は子供にはよくわからない気も(笑)

【ハリーポッターと賢者の石】圧倒的なワクワク感!ファンタジーの王道

賢者の石

文句なしにファンタジーやってます。

この「賢者の石」は第1作目であって最高にファンタジーやってます。

冒険要素満載です。

嫌味な先生、不思議な校舎、魔法の授業、寮での生活。

ホグワーツのすべてにワクワクできます。

個人的にはなんだかんだで1番好きです。

不遇な生活を一変させたホグワーツからの手紙をキッカケにハリーが魔法の存在、自分の存在に気が付き、友達ができ、敵を倒し。。。

とにかく、ワクワクするはず!

ただ、これからどんどん子供向け冒険ファンタジーから大人向けのダークな感じになっていきます(笑)

普通に名作だと思う第1作目。

【ハリーポッターと秘密の部屋】まだまだ子供でも楽しめるよ

秘密の部屋

ホグワーツの過去を追い求める大冒険って感じ。

ちょっと、シリアスな展開もチラホラあるけどまだまだファンタジー。

ホグワーツに迫る恐怖にハリー達が立ち向かうお話。

後半のバジリスク(大蛇)とのバトルは手に汗握る展開。

そしてこの辺から、最終巻に向けてひたすらハーマイオニーの有能さが光っていく。

大体のことはハーマイオニーにまかせておけば安心的な(笑)

あと、ダンブルドアのわかっていながらハリー達を泳がせてる感にイライラしだす人もいるかも。

結局、ダンブルドアが全部お見通し的な展開が度々発生するけど、「最初からダンブルドア一人で片づけられるんじゃね??」と思うことがしばしば。

けど、賢者の石の良い部分を引き継ぎながらハリー達もレベルUPしてる感じが面白かった。

【ハリーポッターとアズカバンの囚人】シリウス&ルーピン先生登場!ファンタジーから大人向けに

アズカバンの囚人

ついにこの第3巻からハリーの名付け親であり、ハリーの父親の親友でもあった「シリウスおじさん」の登場です。

最初は完全に危ないやつだったシリウスがハリーの名付け親であり、まるでホントの息子のように思いやっている展開は感動もの。

そして、その渋い優しさで大人気な「ルーピン先生」もこの巻から登場。

ルーピン先生もかつてシリウスやハリーの父ジェームズと同級生でいつもつるんでいた仲間。

シリウスとは違って冷静で、ハリーを陰から支えまくってくれます。

ルーピン先生は個人的に全巻通して、唯一全く嫌味を感じず好感を持てた大好きなキャラです。

なんだかんだ、シリウスとかもわがままな部分があったり、ダンブルドアにも嫌な面があったりするが、ルーピン先生はホントに嫌味がない。

そりゃ人気キャラな訳だ。

あと、この巻は前2作品と比較して一気にファンタジー色が薄れて小難しい話が多くなる。

過去の因縁や人の心の汚い部分だったり、ダークな印象。

正直、ここで合わないと感じると以降の作品はあんまり楽しめないかも。

でも個人的には結構好きな作品だったりもします。

【ハリーポッターと炎のゴブレット】徐々にラブコメ化していく。。。

炎のゴブレット

基本的な話は3校対抗試合にハリーが参加して様々な課題に挑戦するという話。

でもこの辺から徐々に恋愛の要素が多くなってくる。

「別にそういう描写いらないんだけどなぁ」とか思うこともあるけど、ずっと11歳のハリー達ってわけでもなく、年齢を重ねているから当然かとも思う。

ただ、やっぱり作者が女性ということもあってかちょっと男の自分には理解できないような描写も多々あるわけで。。。

なんか恋愛に対して無知であたふたするハリーやロンを小ばかにするような描写も多く、読んでてイラっとすることも。

【ハリーポッターと不死鳥の騎士団】ハリーは常にイライラ。。。あんま好きじゃない作品

不死鳥の騎士団

不死鳥の騎士団とはダンブルドアが結成した対ヴォルデモートの軍団です。

その不死鳥の騎士団には、シリウスやルーピン、マッドアイやウィーズリー夫妻、さらにこの巻から登場するトンクスなど頼れるメンバーの集まった軍団です。

この展開や設定だけ見るとメッチャ面白そう!ってなるんですが。。。

この巻は終始ハリーがイライラして周りに当たり散らしたり、迷惑をかけたりするような場面が多くてイライラします。

ある意味では、実際の年齢の男の子の心理描写を描いているのかもしれませんが自分は好きな作品じゃないです。

そして魔法相から派遣されたアンブリッジ先生の登場によってハリーのイライラは最高潮に。。。(笑)

ただ、この巻からルーナというレイブンクローの女子生徒が登場します。

かなりの変わり者だけど、とても純粋で心が強く後半の重要キャラの1人です。

ハリーのイライラに反比例して、このルーナがほんわかとムードを和ましてくれるのは唯一の救いです。

あとはフレッドとジョージがアンブリッジに一矢報いて大立ち回りする場面は傑作です(笑)

【ハリーポッターと謎のプリンス】

謎のプリンス

この巻では、今までも散々対立してきたハリーとスネイプがバチバチにやりあいます。

不死鳥の騎士団のメンバーでさえ、元死喰い人のスネイプを完全には信用していない者もいる中でダンブルドアはスネイプに全幅の信頼を置いています。

そんな疑心暗鬼の中ついに事件は。。。

あと、これまでなんだかんだハリー達と敵対してきたドラコマルフォイの葛藤だったりいびつな人間関係がこの巻では多く問題を起こします。

これまでは身を潜めていた死喰い人などの活動も活発になり、最終決戦に向かって物語が着々と終わりに向かっていくようにも感じます。

【ハリーポッターと死の秘宝】もはやホグワーツほぼ出てこないwww

死の秘宝

ついに、最終対決です。

ついに目的の達成のために魔法相も乗っ取り、魔法界を牛耳る存在となったヴォルデモート。

しかし、水面下では不死鳥の騎士団をはじめ少数ではあるが反ヴォルデモートとして活動を続ける人間もいます。

ハリー・ハーマイオニー・ロンの3人も死喰い人から姿を隠しつつ、ダンブルドアの残した言葉を信じて行動します。

ホグワーツもヴォルデモートの手中に落ちているため、最終巻にしてほとんどホグワーツ出てきません(笑)

そしてついに、ハリーとヴォルデモートの不思議なつながりの謎が解け、最終対決、さらに意外な真実が見えてきます。。。

まぁ、一気読みで駆け抜けた感はありましたが、ハリーポッター作品に登場する人物は個性が強く最後まで読んでいると愛着がわきます。

みんながそれぞれ自分の信念や目的のために犠牲を払う姿や、大切なものを守る姿はとても熱いものを感じます。

自分はまだ映画作品を観ておらず、今更ではあるものの原作を読んだ感想としては「早く映画版も観たい(笑)」

しばらく空き時間は劇場版のハリーポッターでつぶれそう。。。

ハリーポッターまとめ

というわけで、今回は新型Kindle購入のタイミングで利用し始めたKindle Unlimitedでハリーポッター全巻を一気読みした感想とかをダラダラと書いてみました。

正直、毎日の通勤と帰宅の電車でハリーポッターを読むのが完全に楽しみになっていたので最近は手持無沙汰で困っています(笑)

ただ、ハリーポッターの代わりに最近では「マンガアプリ」を多用していて、おすすめの漫画アプリをまとめた記事なんかも書いています!

話は戻りますが、Kindle Unlimitedは定額でハリーポッターシリーズを含む多くの作品が読み放題のイカしたサービスなので興味のある方は無料の体験期間もあるのでぜひ!

Kindle Unlimitedの無料お試しはコチラ

Kindle Unlimitedの無料体験申し込みはコチラ

以上、ご精読ありがとうございました。

おすすめ記事

1.月額500円のお得感ハンパない!!→Amazonプライム会員になるしかない10のメリット・特典!

2.マジでおすすめな便利グッズ大紹介→一人暮らしを快適にする便利グッズ30選!

3.Amazonを無料で使い倒せ!→Amazon各種サービス無料体験まとめ【解約方法・お得な使い方】